パンダ劇場

観たもののメモ

ブラックペアン

娘がお泊まりに出掛けたお休みの日に、一気見。

前日観たアカデミー賞で、過去に妻夫木さんが最優秀主演男優賞とったときの映像が流れて、共演した深津絵里さんの喜んでる顔がすごく可愛らしかったのよ。なので、この時の映画「悪人」を見ようかと録画したDVDを探したんだけどなくて。悪人妻夫木が見れないのならブラック二宮を見ようという流れ。いずれにせよ浅田家とは真逆のものを欲してた様だ。

で、ブラックペアン。

当時気づかなかったけどこれって、半沢直樹的なノリなのかな。半沢直樹見てないけど。お約束パターンがあって歌舞伎っぽい。手術成功したかと思いきやびゃーって血が出てくる間合いが大体一緒だから「血がでるぞでるぞーほらでたー」と楽しめる。でもって渡海先生廊下歩いて登場したら「よっ、にのみ屋っ」等と声をかけたくなったりして。

小泉孝太郎演じる高階先生がまたいい味出してるのね。説得力ありすぎで面白い。「スナイパー挿入!」「うるせぇなあ」のトコロ、良いね。

そんな訳で放映当時はハラハラして見てたけど、今回は面白がって見た。そーやって見るものだったのね。

でも最後は渡海先生がちょっと可哀想でな。いやそれもっと早いうちに解決できなかったのかよとか言いたくなるけどそーいう事じゃないのよファンタジーだから細かいことは気にしない気にしない。

これは続篇とか作れるような原作?続篇、あると良いなぁ。あ、でも二宮家の育児が一段落ついてからで構いません。急ぎませんのでね、是非。
f:id:coopanda:20210402233106j:image