パンダ劇場

観たもののメモ

LIQUIDROOM 14th ANNIVERSARY 電気グルーヴ

  • 開演までに卓球さんの曲流れてて良かった良かった。CD持ってるけどあんなおっきなスピーカーで聴く機会などないのだよ。貴重貴重。お陰で待ち時間退屈しなかった。
  • 整理番号一桁だったので、最前に挑戦してみたんだけどワタクシのやわな体だとヤバイ。最初に出てきた時の圧がすげぇ。それを持ちこたえれば大丈夫かなとも思ったけど、いやいやあの曲とかこの曲とか、圧かかりそうな時は何度もあるなぁと思ってちょいと圧が弱い所に移動。アラバキの最前とは訳が違うだってリキッドだもんな。
  • 電気二人は、登場するとき冷静なのよね。で、たぶん、客の安全確認してる。特に最前。無理して最前にいてもバレるなコレとか思う。
  • それにしても近い近い。瀧の顔でっかい。
  • 移動するも卓球さんの仕事っぷりを堪能できる場所はキープ。サングラスかけてるの残念だけど、こっち見てるって思い込むには都合が良い。
  • ちょっと遠くから映像と音楽をゆっくり楽しむのも良いんだけど、卓球さんは近くで見たいのでしょうがない。
  • でも地方のDJとかめっちゃ近づける時は近づけない。
  • 最初「ワンワン」って聞こえて皆が「わーっ」ってなってちょっと間が開いて、あらやだ私ってば犬の鳴き声にこんなに反応しちゃったわ、みたいな雰囲気になったところでB.B.Eはじまり。
  • B.B.Eは、一緒に歌いたいんだけどちゃんと覚えてないのでなんか口ぱくぱくしててアホ面だったと思う自分。
  • そこからちょっと記憶なくてMAN HUMANの映像覚えてるからその辺りで落ち着いたんだな多分。
  • そういえばあんまり映像みてないんで配信とかなんかして欲しいなあ。カメラいたよね。
  • ひとりっこからのいちご娘。いちご娘の音がはじまってもまだ瀧からの指示はひとりっこなんだけど待ちきれないのでいつも通り先にいちご娘を始めさせていただいた。
  • 前の方だと回りの動きを気にせず集中できるのが良いね。皆は違うリズムで動いてるけどここは卓球さんのカネの音に合わせたいとか好き放題。
  • 猫夏は、クラーケンの配信で聞いてはいたんだけど生で聞いたときのうわぁっ!って感じはやっぱすごい。
  • 卓球さんあまり前に出て歌わなかったのちょっと残念だけど、栞ちゃんかわいいだけじゃなくてやっぱプロですなあとか思った。
  • ピコピコハンマー持って来たもののいまいち使いきれなかった感が残っていたところのアンコール。瀧の指示により気持ちよく使いきりました。
  • 整理番号一桁が昔からの濃いファンばっかじゃなさそうなのは良いよね。私ツアーパンダで再加入なんだけど名前も住所も変わってるから新規扱いなんだろうし。毎回最前が同じメンバーだったらやるほうも飽きるだろとか思う。若いバンドなら良いんだろうけど。
  • アジのたたきのような人とか言われてました。死んでるって。
  • 奥田民生になりたいボーイって急に言われると恥ずかしいっていうか、あれ、チケット飼うときも恥ずかしかったし、映画見てる間もずーっと恥ずかしかったな。
  • おしっこ行くときのさわやか感。

以上、覚えてること箇条書き。皆が書いてることは省略。

あかりさんについてはコレ

セトリ
https://twitter.com/soul_of_N/status/1021399292676730881


f:id:coopanda:20180725193635j:plain

ライブ前はお腹にやさしそうなご飯にした味も量もちょうど良かったので、メモメモ
http://24-seasons.net/ohashi/ebisu

追記
今日はマニアなファンなんだよね、みたいな事、瀧に言われたので頷いた