パンダ劇場

観たもののメモ

お母さんが注意しない

同世代が「お母さんが注意しない」言うのが聞こえてきたので、はぁ???って思ったのよ。自分の子供は高校生とか社会人位の世代。そんなこと言うってことは、まあ、よっぽど素晴らしいお母さんだったんでしょうよ、人様に迷惑などかけてないと。でもその人たしか、子供は女の子。女の子なら、人様に迷惑かけずに育てられたのかもしれない。いや、男の子女の子と分けてしまうのは違うんだけど、お母さんの注意をちゃんと聞くタイプの子は女の子に多く、注意すればするほど盛り上がっちゃうクソガキは男の子に多い傾向は否めない。そういう訳で「注意しない」のは、注意しても意味ないからなの。今までも、何度も何度も何度も何度も注意したし怒ったし、色んな作戦を試してみてもうダメで、多少怪我したって痛い目見たって、死ななきゃいいや、という境地に至っているのよね。「危ないから駄目」とかそんな言葉が通じるんのならとっくに言ってます。そんな事も解らずに、若いお母さんの事、悪く言ってる同世代がいるとは。いやだなあ、こういう人多いのかなあ、多いのかもなあ。止めて止めてそういうの。あとほら、発達障害とかそのグレーゾーンもある訳で、そういう子のお母さんが「お母さんの躾が悪い」とかいう言葉にどれだけ苦しめられてきたことか。クソガキ含め、そういう子は公共の場所では60点を目指す。60点とればいいやって思うの。だって、100点目指すとしたら親の叱り声がずーっと聞こえる事になりますし、そこを頑張ったとしても100点をキープし続けるのが辛くなった子供が急にストレス爆発して10点になったりするから、10点ではもうその場にいられないから、用事がすませられないから、60点をキープ。周りの人は100点を求めているのかもしれないけど、いいえうちの子は60点が精一杯なんですって思いながら、せめて親の叱る声がうるさいという状態になるのは避けつつ息を潜め60点キープの策を練る。そんな時に「お母さん静かにさせてよ」とか言われたらカチンとくるよねw。飼い主の言うことだけ聞く犬とは違うんです人間なんです。子供に直接言っていただいて全然構いません。公共の場こういうものだと大人としてしっかり示していただきたいし、それはすごい有り難い。やっぱ他人に言われるとドキっとするのよなにせ子供だから。そこでそのまま言うこと聞かないとしても動揺はしてるから効いてるから。「おぉっ!これが社会全体で子供を育てるってヤツだな」とか思ってお母さんも超うれしくなっちゃう。他人が知らんぷりしてお母さんに注意されるだけだったら子供にとって普段と同じ。他人はいないのと同じことになって公共の場という意識は生まれにくいのでは、と、思う。そんな訳で同世代の母ちゃん達、若いお母さん責めんなよ、子供に直接注意しろ、母親経験者ならできるだろ…と、今日思ったのでメモ。