パンダ劇場

観たもののメモ

母親像に関するメモ

「西郷どん」のジョン万次郎が、お母さんに会いたくて、処罰覚悟で帰国した…という皆が大好きな設定が嫌だなぁと思ってのメモ。

外国で色々学んだ大人が、お母さんに会う為だけに帰ってくるか?本当は、色々と野望があるんだけど、処罰から逃れる為に言った事だよねぇ。もちろんお母さんに会いたいというのは嘘ではないんだろうけどさ、それだけじゃ嫌だなぁ。

子供の為に尽くすお母さんとそのお母さんが大好きな息子の設定…ってよくあるけど、それ好きなのはお母さんをやったことない人に多いんじゃないかと勝手に思っている。

吉永小百合が演じる様なお母さんが、お母さんの正解みたいになってるのは、現役のお母さんにはしんどいんのだよ。

ちょっと駄目だけど憎めないのは大体お父さんで、お母さんはちょっと駄目だと失格。そういう設定のドラマが多い。そういう風潮が、現役母さんにプレッシャーを与えちゃってないか?

実際、お母さんやってみると、余貴美子がよく演じるような駄目母さんにも色々あるんだよな、とか思うようになる。(私だけか?)

良くできた母さんだったら、子供をちゃんと自立させて、自分でなんでも出きるようにしろよ、いつまでもお母さんお母さん言わせるなよなとか、おもっちゃうけどな~。


前にあった、宮沢りえの映画。銭湯のやつ。あれ、見てないんだけど設定が嫌。良い映画らしいんだけど。お母さんもうじき死ぬから家族の為に奮闘するって、なんだよ。お母さんが家族に尽くして死んで感動、泣けるって。お父さんは、オダギリジョーで見事に駄目おやじっぽいし。駄目母さんでも生きてく話が観たい。だって生きていく為に映画とかドラマは見るんだもん。

ああ荒野は良かったな。子供達は親を捨てるし。感動の親子の再会もない。

まとまらないけど、メモだから、おわり。