パンダ劇場

観たもののメモ

銀魂

ムスメが観るというので、映画館まで送り届けるだけのつもりだったが、結局観る。そういえば龍雲丸(違うけど)出てるんだった観て良かったとか思う(でも出番が少ない)。原作未読なので、笑うところに気づくのが一瞬遅いのがちょっと悔しい。解ってればもっと思いっきり笑えただろうに。俳優さん達のテンポの良さと振り切った演技が素晴らしい。ここ数年の実写化のレベル向上が凄まじいですわね。ふんだんに予算使いましたというものより、ここまでしか出来ないけど…っていうやつの方が良いのではないのか?と、思ったけどそんなに色々観てる訳でもないので解んないや。こっちの期待値の問題もあるかもしれぬ。ここまでしか出来ないけどを前面に押し出した実写化として「ヤッターマン」を思い出した。あれは、もう一度観ようとは思わないけど、そういうやり方もあるわよね、の、先駆けなんじゃないか?なんて思うけど、そんなに色々観てる訳でもないので、解ったようなことは言えない。そんなかんなで観ているうちに、なんかちょっと「るろうに剣心」っぽいと思ったんだけど時代設定が近いんだもんそりゃそうなるわな。「ピンポン」の獅童さんもそうだったけど、マンガ実写化に歌舞伎役者がハマるってなかなか面白い現象。