パンダ劇場

見たモノ、聴いたモノ、作ったモノ、思ったコトの書き留め。

若い頃って、こんなにアホだった?

男は会社に入ったら一生その会社にいなければならない、俺はそんな人世は嫌だ、だから、建築士の資格をとる大学へ行く、その為に今通っている大学を、辞めた。そして建築士になったら俺が設計した建物で、皆で色んな店を開こう。

 

みたいな話を若い子がしていた。友達がそんな事いってたんだよーすごいねぇ、と。

 

いやいやいやいや、突っ込みどころ満載ですがな。

 

終身雇用なんてとっくに終わってるし。会社に入るのも辞めるのも自分の意志でどうにでもなるし。建築士になりたいならはじめからそういう学校いけよ高校生の時にちゃんと考えておけよ。入学金とか学費とかいくらかかると思ってんだよ、学校入りなおすなら自分で稼いだ金でいけよ。建築士になったって、まずは会社に入るんだぜ。そして建築士はビルのオーナーじゃないんだよ、テナントは金を出した人が決めるんだよ。そしてまだ、何もしていない大学辞めただけの奴が、武勇伝みたいに、飲み会で女の子に語るんじゃないっ!

 

若い頃って、こんなにアホだったのかなー。アホっていうか、何も知らなすぎるんだな。知らないのはしょうがないけど、考えるとか調べるとか、していかないと駄目だなー。疑問をもつ、ってのも大事だな。いちいち「すごい」とか言ってる女の子、調子良い奴に騙されなきゃいいんだけどなー、オバチャン心配。