パンダ劇場

見たモノ、聴いたモノ、作ったモノ、思ったコトの書き留め。

おはぎメモ

まずはあんこ、難しいのよ奥が深いのよ。

今年の小豆、産直で購入300g。

 

半日水にひたす。そのまま火にかけて沸騰したら小豆をざるにあげ水を捨てる。

 → 沸騰したらすぐなのか?ちょっと間を置いた方が良いのかが、解らない。

 → 豆の色にムラがあるがこれは???

水を入れて煮る煮る煮る。

 → いつも堅さにムラが出来るので、時々かき混ぜてみる。

 → 一時間くらい?で、なんかいい感じ。

 → 豆が新しいから早いかも。

 → そのまま火を止め放置。

二時間くらいたってからフタを開けるとなんかふんわりいい感じ。

 → 小豆をざるに上げる。この水を捨てるのはなんかもったいないので、うわずみをすてて、そこにたまった小豆のくずみたいなのを、戻してみたりする。

砂糖など、投入。

  • 砂糖200g、今回は白砂糖。
  • 塩、小さじ2/3くらい?
  • 水飴、30g

水飴のベストの量がわかんないのでとりあえず小豆の一割で。

このぐらい。

f:id:coopanda:20151011143507j:plain

映画「あん」では、小豆2kg(だったかな?)に対し、

水飴を両手でわーって、つかんでいれてた記憶。

それよりはたぶん足りないけど。

f:id:coopanda:20151011143746j:plain

かき混ぜながら、煮る煮る。

 

DVD見ながら。

f:id:coopanda:20151011143828j:plain

 

こんな感じになるまで。

完成。

f:id:coopanda:20151011143909j:plain

やっぱり、新しい小豆だと、皮が柔らかいんだね。

(ぢぶん、今まで古い豆ばかり使っていたという訳だ) 

これでおよそ、950g くらい。たぶん。

 

あんこ作りは、年取ってからのほうが、なんというかなぁ、

リズムが合ってくる感じなのだ。

 

そして ごはん。

  • もち米とうるち米(割合3:2 くらい) 合わせて2合
  • 水 400cc

かまどさんで炊く。

完成ごはんは、およそ 700g。

 

あんこ60gとごはん50g で 14個分完成。あんこ110g あまり。

f:id:coopanda:20151011144140j:plain

相変わらず、写真写りが悪い。

 

あんとごはんが馴染む前に試食。

むむむっ、

あんこは、きび砂糖バージョンのほうが好きかもー。

娘も、前のあんこのほうが良いとさ。