パンダ劇場

見たモノ、聴いたモノ、作ったモノ、思ったコトの書き留め。

予告犯

ITの職場コワーイ。

ああいう、自由っぽい職場であんな雰囲気って、ありそうありそう。

こういう職場が、犯罪者をつくっちゃうんだろうな、って思わせるには充分。

特に、後半出た来たとき、それが印象づく。

これを一番伝えたかったのかなーとかオモイマシタ。

 

最近、身近な現実で起こった事件ともちょっと結びつく感じで。

 

ストーリーは、面白いけど、

何故、ターゲットがそれなのかというのがイマイチピンと来なかった。

原作読めばわかるかな。

 

「軽作業」の職場あたりから、現実離れしてきた感はあるが。

いきなりあそこまでひどい職場って、本当にあるの?

でも、腎臓売ってまでというのは、ありそうで、

「こんな国でごめん」というのにいちばん共感。

 

ネット投票偽造はあるんだろうなぁ。

 

ネット書き込み映像は、「白ゆき姫殺人事件」

警察の偉い人が出てきたときは、「踊る大捜査線

殺害予告のイベントは、「SP」

という雰囲気の映像で。

映画って、まあ、そういうものなのかな。

 

それにしても、「白ゆき姫殺人事件」は、強烈だったな。

オンナの話だったからかな。

あれに比べちゃうと、ちょっとぬるく感じるけど。

 

あと、イクタさんに、感情移入し難いのは何故でしょう、個人的好みの問題でしょうかね。