パンダ劇場

見たモノ、聴いたモノ、作ったモノ、思ったコトの書き留め。

夢売るふたり

さすが西川監督。ぐっさり爽快。

  • 心情的に深〜いトコロまで表現しちゃってくれてるという点において爽快。
  • 松たか子が良かったぁ。今まであまり好きじゃなかったんだけど、すごい良かったッス。
  • 壊れそうで、壊れないんだな。
  • シリアス阿部サダヲを楽しめるかと思ったが、そんな場合ではなかった。
  • やっぱり、予告をあまり見なくて良かった。
  • タイミングよく、本日、スタジオパークゲストが西川監督なので、観賞後さっさと帰宅。
  • ウエイトリフティングの彼女と、風俗嬢の言葉、やけに印象的だったモノは、実際にインタビューして得た言葉だったみたいだわ。
  • ウエイトリフティングの子、すごい良かったなぁ。ホンモノの選手かと思ったけど、演技も上手いし、何者じゃ?と、思ったが、役者さんでしたわ。
  • スタジオパーク視聴後、録画してた「どうした!?品川」を見ました。やけに人間味あふれる回で面白かった。映画を見た後だったから、余計にそう感じたのかしら。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/cnews/20120831-OYT8T00774.htm

  • 当初、典型的ないい奥さんだった松たか子がパツンと崩れてから、どんどん面白くなっていったもんね。
  • ワタクシとしては、あーでもしないと、壊れちゃうんじゃなかと思っちゃったりして。
  • 献身的な妻が夫を支えながら再生をめざす・・・みたいなお話だったら、ワタクシは見ないな。

http://www.cinematoday.jp/page/A0003371

  • あ、里子に共感したかも。ちょっとね。
  • お義父さんからの電話のシーン。一緒に泣きたくなったよ。
  • そうそう。阿部サダヲ。いい人、入ってなかった。
  • 里子に言う嫌味とか、超リアル。
  • 包丁持ったとき、そーね、殺したいね、とか、思っちゃったもん。
  • ん。予告編でだまされたかも。
  • 詐欺始めてからも、ラーメン屋、辞めてないんだよねぇ。
  • あの「店長」がよく解んないんだけど、こんな思いっきり想像する余地を与えてくれると、もやもやを通り越しちゃうわね。