パンダ劇場

見たモノ、聴いたモノ、作ったモノ、思ったコトの書き留め。

大奥

この設定を受け入れることができるかどうかと、この中に潜む少女漫画テイストを楽しめるかどうか、みたいなところがポイントかと。

大奥 <男女逆転>通常版DVD

大奥 <男女逆転>通常版DVD

  • あまり見る気はしてなかったのだが、江戸っ子にのをちょっと見かけて、ついレンタル。
  • 音楽が、大河っぽいのと、イケメンさん達のパステルカラーの着物があんまり好きじゃないのが、見る気がしてなかった原因。
  • 俳優さん達が皆さんいい感じ。こういう現実ではない設定って面白いのかしら、なんか楽しそう。蔵之介さんとか、めっちゃノリノリ。和久井映見も。堀北真希、着物ごとすごいカワイイ。
  • にのの茶鼠色も似合いますわね。黒より、こっちがイイ。
  • ほんでもって少女漫画原作だなあという感じ。原作、知らないけど、最終的に「幼なじみと結ばれる」というのは、少女漫画王道パターンではありませんか?
  • 大奥に行くまでの展開が早かった。えー、もういっちゃうのぉ、みたいな。ま、そっちの話がメインですから、しょうがないですが。
  • あー、そーか、堀北真希とのやりとりが少女漫画なのだ。女子的に、グッとくる感じで。少女漫画的やりとりが、江戸っ子アレンジされているのがまたいい感じで。
  • 連ドラにして、大奥に行くまでに、一話分たっぷり見たい感じ。
  • そうそう、連ドラにしても楽しいかも。蔵之介さんのエピソードなども、もっと見たい。
  • 連ドラ、やるのね。今度は、堺雅人ですって。あー、それはそれで楽しみでございます。
  • 街の様子も丁寧に作り込んでたわね。江戸の暮らしっぷりを見たいのである。男のおいらんも、そう来るかという感じで、なかなか面白かった。
  • いきなり剣の稽古のシーンで登場だったので、ちょいとびっくりだったわ。まぁ、そんなにやんちゃなの、みたいな。
  • 鮮明なデジタル画面だというのにお肌のキレイさが際立っている。(お肌がきれいと気づくと、カルビ、嫌いなのだったなということを思い出す。やはり食べ物ですかね。)
  • 着物の襟がサダヲ氏は詰め気味で、にのはいつものVネックな感じの合わせでございましたね。同じものを着ても、違う雰囲気になるもんですね。

[追記]

  • 10月のテレビ放映は、カットが多すぎて、初めて見る人はよく解んないだろうと思いました。
  • 寝込みに襲われるシーン(?)、好きななんだけど。カットされてた。ま、あそこは長いし、しょうがないか。
  • 昇進が決まっても浮かない顔してたんだけど、杉下(サダヲ氏)も位が上がるとということを知って、初めて笑顔になって「おぅっ」っていうシーンの最後の「おぅっ」だけカット。一瞬なんだから入れておいてくれようと、オモイマシタ。

以上。